日記はここで終わっている。。。
鉄道模型を中心にした日々の雑記ブログです。 
プロフィール

彼岸椛

Author:彼岸椛
ようこそ!



リンク

◆親サイトです
近畿中央高速鉄道
―=―=―=―=―=―=―
◆良く訪問しているサイトさん
近畿日本鉄道博物館
新ビス’s room
Diamond Junction
食い倒れどうでしょう
鉄道好き大学生のブログ



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



応援中



NHカウンター



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀鉄道のレトロ電車
今回は、久々にフルNのお話。

伊賀鉄道で、同線で昭和30年頃まで見られた深緑に塗装を復活させて走っています。

↓詳しくはこちらへ
伊賀鉄道 「昭和レトロトレイン」イベントを開催 (近畿日本鉄道博物館 2009年8月9日記事)


で、単色で簡単そうなのでガンスプレーを持ってない私にも作れるのでは?と考え、

年始に発売された伊賀鉄道860系の鉄コレを塗り替えることにしました。


そこで、今回、今後のことも含めて考えまして、

塗装剥離のためのシンナープールを導入しようと思いつき、早速コーナンで材料を調達しました。


今回、シンナープールを作るにあたり、リスクが低くかつ成功性高いもの、

さらにBトレインなどの透明パーツの塗装を剝がすことになる可能性もある点を踏まえ

ネット上でお勧めとなっていたIPAでやることにしました。(なので厳密にはシンナープールではないです。)


IPAは主に自動車のガソリンタンクの水抜き剤として用いられており、

比較的安価で自動車用品店やホームセンターなどですぐに手に入ります。


DSC09804.jpg
で、今回購入したのはコーナンのプライベートブランドと思われる商品で、

IPAの含有量は95%以上と表記されたものです。

本来は99%以上が好ましいようですが、そのコーナンにはありませんでした。

まぁ、100%に近いものをということなので、95でもなんとかなるでしょう。

四捨五入したら一応100だし。


そしてもうひとつ。

IPAは第四種アルコール類に分類されるので、一応機密性の高いタッパーも購入しました。


で、早速剥離開始です。

タッパーに車体とIPAを入れ、一晩寝かせます。

物によって異なるようですが、漬ける時間は数十分から数日掛かるようです。

シンナープールと違い長期戦になります(笑)



これが、剥離前の860系
剥離前.jpg

で、こっちが一晩寝かせて歯ブラシで磨いて剥離した後の860系です。
剥離後

初めてでしたが、結構うまくいくものですね(笑)

そして、↓これが今の姿。
下地処理後
GMカラー14番で下地処理しました。


あとは緑を吹くだけです。

しかしここで、もうひとつの問題である、「色」に行き当たります。

深緑と言うことですが、実車を写真でしか見れません。

なので、どんな色味なのかが正確にはわかりません。

まぁ、実車を見たところで果たして本当に正確にわかるのかという疑問も浮かぶので、

写真でみて近い色の印象を受けるなら何でもいいかなと投げやりな結論に達しまして、

で、GMカラーでやるとなると、13番の緑2号か、33番の京阪ダークグリーンといったところでしょうかね。

かなり悩みましたが、結局GM33番京阪ダークグリーンを購入しました(笑)


あとはコレを吹いたら完成ですが、

塗装剥離に成功すると、ガンスプレー買ってBトレとかも塗装換えしたいなぁと思ってしまいます(笑)

ただ、私の腕では缶で十分かなとも思いますね・・・そもそもマスキングが苦手なので(苦笑)

中古で安いのを買うという手もありかもしれないです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。